タイプ別に戦え!人見知り男だけが合コンで戦える戦略はこれだ

The following two tabs change content below.

アイデアプロデューサーRYO

人を喜ばせることが大好きなアイデアプロデューサーのRYOです! 突然ですが僕は問題解決が大好きです。 なぜかというと、僕は様々な苦手がたくさんあったからです。 苦手を得意にすること。これが楽しくて、他の人にもこの感覚を知って欲しいなと思い記事を書いています!

どうも!アイデアプロデューサーのRYOです!

今回は「合コン」というテーマでお話をします。

人見知りには人見知りの戦い方がある。

人見知り戦士の諸君には、かしこく戦い、そして勝機を見出して欲しい。

人見知りで合コンはハードルが高いというあなたに

人見知り戦士の諸君は、「合コン」と聞くとおじけづいてしまうことだと思います。

初対面だし、高いコミュニケーション能力が必要な気がしているはずです。

しかし、一発芸ができなくても、爆笑できる面白い話だって必要ない。

あった方がいいけど、絶対に必要かと言われればそんなことはないといった感じ。

人見知りには人見知りの性質を活かした良さがあります。

一番重要なことは相手が「自分と話をしていておもしろい」「話していて楽しい」と思えるかどうかなんです。

「この人の〇〇の話がおもしろい」とか「一発芸がよかった」とかそんなことは特に必要ないということ。

この違いをこれから話す3つの話で理解してほしい。

人見知り知らずのテンション高い兄ちゃんと戦う

「合コン」に誘われて行くと、当然幹事がいます。

これがまあしゃべりが好きでマシンガントーク。

そんなに話せて羨ましいくらい。

でも女の人はそんなこと求めてないよね。

だって会話のキャッチボールができてないと楽しくないわけだから。

話が多少面白かろうと、全然しゃべらせてもらえなかったら楽しくもなくなってくるわけなんです。

そんなときに、人見知り戦士の出番です。

人見知り戦士の役目は、ハイテンション兄ちゃんの話を聞きながら、女の子にも話を振ることです。

「面白い話をしろ」って要求じゃない。だた、「〇〇はどう思う??」とか質問を一つ投げてあげるだけでいい。

そして、しっかり話を聞く。相槌とか打ちながらね。

そうやってキャッチボールを生み出していくこと。

これが人見知り戦士の武器になる。

これできる人は、めっちゃ周り見えてるって思われるし、なにより省エネ。

だってほとんどしゃべる必要がないから、疲れないし、聞くのが好きならさらに楽しいし。

最高の戦い方だ。

クールイケメンと戦う

クールイケメンと戦う時は、また少し勝手が違う。

クールイケメンはクールなわけで。。

なかなか会話を盛り上げることをしないし、自分からペラペラ喋ったりもしない。

その上、プライドが高いから「カッコ悪いこと」が嫌い。

だからこそ戦える。

僕は人見知りだったころ、「これもあれもできない」と苦手意識が多かったです。

おそらく人見知り戦士の諸君も、わりと多いのでは?

だから、「クールイケメン君のことは立ててあげて、自分はこんなに苦手がある」と話をしてみてください。

クールイケメン君に対抗して僕もすごいんだぞ的な話をしないで。

イケメンってだけで、よってきちゃう女の人はたいしたことないから。

苦手があるって話をした後に、こんなことしてできるように工夫してるよ!って話とか努力できることに感謝してる姿勢を身につけることが大切です。

そっちの方が何倍もカッコイイし、伸びしろがあると思いません?

最初からそこそこできたり、かっこよくてモテちゃう人より、努力してカッコよくなってください。

そうすれば、クールイケメンなんか敵じゃなくなりますから。

高学歴男と戦う

すいません。これは本当に倒したい。

「高学歴」とかいう言葉ほんとなくなればいいと思う。

ほんとつまんない。

さて、これも簡単です。サクッと倒しましょう。

高学歴男というのは、「俺、〇〇大学で〇〇株式会社に勤めてるんだ」的な。

大学名で看板を背負っちゃってるとこれまた痛いときがある。

東京の有名大学を出た人に多い。

地方大学出身の僕みたいなのは、そういう人は少ないかもしれないですね。

それはされおき、高学歴男というのはプライドが高いわけです。

バカにされたり、ないがしろにされてしまうと、不機嫌になっちゃったりする人もいるみたいで、なんとも融通が効きません。

あなたは余計なプライドがある人、ない人、どちらが好きですか?

もちろん、ない人が好きですよね。

勝ち負けではないけど、プライドを大昔に捨てた僕から言わせればクソですね。

高学歴男は、単にプライドを捨てるだけで戦えます。

「俺はバカだから」

これは対高学歴男には魔法の言葉になります。

プライドを捨てるときに大切なことは以下です。

  • バカを認めること
  • 向上心を忘れないこと
  • 卑屈にならないこと

これができれば、高学歴男がいても戦えます。

ほんとね、学歴なんか何の証明にもならないんだから。

そんなことより、自分の器を磨いた方が何倍も大切な時間を過ごせるよ。ということを最後に付け加えておきます。

戦え人見知り戦士たち

人見知り戦士を心のそこから応援しています。

多分人よりも何倍も悩み苦しみ頑張ってきた人が多いのではなかろうかと思います。

だからこそ戦うことをやめないでほしい。

悩み苦しみ抜いた分、人は成長し、誰も想像できないような自分に会うことさえできます。

戦え!人見知り戦士たち!

まとめ

今回は、合コンというシーンで人見知りはどう戦えばいいのか。

どういう考えで会話すればいいのかについて話してみました。

参考になれば嬉しいです。

他の人見知り関連の記事もたくさん書いてます。

暇なときにどうぞ

ABOUTこの記事をかいた人

人を喜ばせることが大好きなアイデアプロデューサーのRYOです! 突然ですが僕は問題解決が大好きです。 なぜかというと、僕は様々な苦手がたくさんあったからです。 苦手を得意にすること。これが楽しくて、他の人にもこの感覚を知って欲しいなと思い記事を書いています!