あなたは月って知ってますか?

何聞いてんだって感じですね。すいません。

それなら、月が買えるって知ってますか?

そうなんです。買えちゃうんです!

月ってどこで売っているの?

どこで販売してるんだろう。気軽に買えなさそうな感じがしますよね。

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープさんという方です。

デニスさんはある日、「月って誰のものなんだろう」とふと考えました。

そして、法律を隅々まで調べたそうです。すると、なんと宇宙に関する法律は1967年に決められた宇宙条約というものしかないことに気づきました。

この宇宙条約というのは、国が月の土地を所有することはダメだということが書いてあったけど、個人が月の土地を所有することをダメとは書いていなかったそうなんです。

そこでデニスさんは合法的に月を販売することを決めたそうです。

現在は、デニスさんが経営する会社、ルナエンバシー社で月が購入ができます。

さて、月を買おうか。どうやって買うの?

さて月を買いたい!と思ったあなたは次にやらないといけないことがあります。

そんなに難しくないよ。やることは一つだけ。

それはルナエンバシージャパン(デニスさんの会社の日本代理店)に注文登録をするということ。

ほら簡単でしょ?

しかし!もちろん注意点もあります!以下に気をつけて!

・未成年なら保護者の同意が必要なんです

・注文からお届けまでだいたい1週間ぐらいです(配送は国内のみ)

・プレゼントする場合は、権利者名義にプレゼントする相手の名前を入力すること!

それはそうと、伝え忘れていた値段の話なんですが、、

だいたい値段は1エーカー(1200坪のサッカーグラウンド1つ分)で2700円なんです!

これは安い!飲み会一回我慢したら買えますよ!そんな土地ないですよ!

どうやって渡す?スムーズに月のプレゼントを渡す流れを説明するよ!

やっぱり渡し方でかなり演出が違うと思います。

しかも今回は月をプレゼントするわけです。

だから余計にプレゼントを渡す流れはスムーズにしたほうがいいかと思うのです。

渡す時間はやっぱり夜。なぜかって?夜には月が出てるからです。

ふざけてすいません。真剣に書きます。

流れとしては、やっぱり理由付けが必要かなと思います。

月をプレゼントするきっかけが必要ですね!

そこで渡す前にプラネタリウムに行くことをオススメします!

渡し方としてはこうです。

プラネタリウムで星空を見た後に、「実は〇〇にちょっとしたプレゼントがあるんだけど」といって渡してください!

あまり過度に言葉を付け加えないほうがいいです!

あまりにもキザすぎることになってしまいますので。

ちょっと買ってみたんだ、程度のテンションで渡すほうが自然でいいと思います!

これは、大切な日のプレゼントには僕はあまりオススメしません。

なぜかというと手元になにか残るものではないからです。

誕生日やクリスマスのプレゼントには少しリスクがあるかなと思うので注意も必要かなと思います。

ネックレスや指輪が良かったとがっかりされたくはないですもんね!

それでも、日常のなにもない日にサプライズとしてプレゼントするにはすごく喜んでもらえるものだと思います!試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。