【ブログ記事に特化した】キーワードプランナーの意外な使い方まとめ

どうも!物書きマーケッターのRYOです!

文章を書くときに、一番望んでいること。

それは、より多くの人に読んでもらうことではないですか?

やっぱり書くからにはね。

読んで欲しいもんね。

より多くの人に読んでもらうために重要になるのが記事のタイトルです。

SEOを気にする人はみんな、タイトルをうんうん唸って考えているはず。

その苦労たるや、、、大変ですよね。

気持ちわかります。わかりまくりです。

そこでタイトルを決める際に「キーワードプランナー」というツールを使うことを推奨されているわけですが、これを使いこなしている人が意外と少ないのでは?

そう考えて今回は、記事のタイトルの重要性を考えた上で、ブログに特化したキーワードプランナーの意外な使い方をご紹介したいと思います。

SEOにはタイトルがやっぱり重要!

SEO(Search Engine Optimatization)には、やっぱりタイトルが重要。

なぜかって?

タイトルは、知りたい情報を検索したときにまず最初に見るものだからです。

とりあえず何の記事かわからないままに記事を読んだりはしないでしょ?

最初に見るのはまずタイトル。

やっぱり目を引くタイトルだとクリックしちゃうもんね。

そして、検索したときに一番上に出てくる記事はやっぱり一番読まれています。

とすると、目を引くインパクトのあるもので、検索したときに上位表示してもらえるようなタイトルだとたくさん読まれるってことだね!

でも、検索する人が1人もいないようなキーワードを使っていたらどうなんだろう。

せっかく書いた記事なのに見る人がいなかったらもったいないですよね!

そんなときはぜひ使ってください、キーワードプランナーというツールを。

Google AdWordsキーワードプランナーってどんなもの?

Googleが提供している「キーワードがどれだけ検索されているか調べることができるツール」です。

これだけ聞くと、そんなもんかという印象かもしれません。

でもね、すごいツールってそんなもんかという印象のものが多いんです。

キーワードプランナーの場合にもそれが当てはまります。

実はこれ、すごく使えるツールなんです。

記事を書くことに使えるキーワードプランナーで調べられることをずらっと並べてみます。

  • 検索のキーワードがどのくらいの回数検索されているか
  • キーワードがデバイス別(PC・スマホ・タブレットなど)でどのくらい検索されているか
  • キーワードのトレンドデータから商品の需要が高まる時期
  • 自分のサイトの関連性の強いワード
  • 自分が扱っているジャンルの業界でよく検索されているキーワード

とこんなにできることがあるんです。

キーワードプランナーでこれだけできると、タイトル決めだけでかなり市場調査するシーンが結構出てくることがわかります。

あなたはキーワードプランナーを使っていますか?

使っていないなら今すぐ始めなきゃね!

※ここではキーワードプランナーの登録方法は省略します。

やっぱこれすごい!キーワードプランナーの検索ボリューム機能

これはキーワードプランナーの基本機能でありながら、SEOを気にする人なら一度は使ってみる価値のある機能です。

ではさっそくやっていきましょう!

 

【キーワードプランナーの画面で「検索ボリュームと傾向の取得」をクリックします】

すると下のような画面になるはず。

 

【赤枠に検索ボリュームを知りたいキーワードを入れましょう】

キーワードを入れましょう!

複数でキーワードを入れても大丈夫です。

 

【次に下の画像を見てください!ターゲット設定と期間の設定について説明をします】

ターゲット設定と期間についてはこのままでももちろんいいですが、変更すれば、より欲しい情報に近づけることができます。

  • 日本:ターゲット地域の設定ができます
  • Google:検索パートナーを含むかどうかの設定ができます。
    (検索パートナーとは、大手のポータルサイトがGoogleと提携して、連動型の広告を表示できるGoogle以外のポータルサイトのこと。例で言えばLivedoor や Gooなど)
  • 除外キーワード:除外したいキーワードを設定できます
  • 過去12ヶ月:Maxで24ヶ月までの検索ボリュームの推移を調べることができます。

全て設定を終えたら「検索ボリュームを取得」をクリック!!

 

【するとこんな画面になります】

赤枠が検索ボリュームの推移です。

今回検索のキーワードに使ったのは「キーワードプランナー」です。

ここで見ると、キーワードプランナーというキーワードは、12月に少し検索ボリュームが下がるんやな。

そういう感じで分析ができます。

そして、青枠はキーワードに対しての平均検索ボリュームを見ることができます。

複数のキーワードを入れた際に比較として使ったりします。

ブロガーにオススメしたい!キーワード検索機能の使い方

あなたがSEOを気にするブロガーやライターなら、以下を参考にしてキーワード検索をしてみてください。

なぜオススメするのかは、以下のやり方を見れば分かりますよ!

 

【「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」をクリックします】

 

【そうすると、次のウィンドウが出てきます】

ここにキーワードなどを入力していきましょう!

次を見てください。

 

【赤で示した枠に検索ボリュームを調べたいキーワードを一つだけ入力します】

複数のキーワードも入力できますが、今回は1つのキーワードを入力しましょう。

これにも理由があるので、とにかく1つのキーワードを入力しましょう!

 

【次にキーワードオプションをクリックしましょう】

 

【次に「入力した語句を含む候補のみ表示」をオンにします】

 

【次に「保存」をクリックし、「候補を取得」をクリックします】

 

【今回は「ブログ」で検索したので、こんな画面になります】

これだと、さっきの「検索ボリュームと傾向の取得」の場合と変わらないじゃん!

と思いましたよね?

実は、この下が違うんです。

今回の検索では、「ブログ」に関連するキーワードの検索ボリュームまで表示してくれるんです。

見た方が早いですね!

まずは見てみましょう!

 

【下にスクロールしたら、関連キーワードがこんなに並んでます!】

こんな風に「ブログ」に関連するキーワードを並べてくれる素晴らしい機能があるんです。

ここには表示しきれませんでしたが、実はもっとたくさん並んでいます。

キーワードを入力する時に、なぜキーワードを1つだけ入力したか分かりましたか?

答えは、関連のキーワードをより多く並べてくれるからです!

そして、関連のキーワードをたくさん知ることで、どんなニーズがあるのかを予想することができるので、ぜひ使い倒しましょう!

今の時代はスマホだ!デバイス別検索ボリューム機能

今の時代は、パソコンは持っていなくても、スマホは持っている人がほとんどです。

ということは、スマホからの検索ボリュームを知ることで何かヒントが得られるとは思いませんか?

そのパソコンやスマホの利用傾向もキーワードプランナーで調べられちゃうんです。

 

【キーワードのボリュームを検索した画面で「検索ボリューム動向」をクリックしよう】

キーワードを検索した後の画面で、「検索ボリュームの傾向」をクリックしよう!

 

【次にウィンドウの中にある「モバイルの動向」をクリックしよう】

「モバイルの動向」をクリックすると、、、

 

【こんな風にPCとモバイルの検索比率を見ることができます】

今回は「ブログ」で検索しているので、モバイルの検索比率が多いです。

キーワードの中には、モバイルよりもPCからの検索が多いものもあります。

見方によっては、検索している人の年齢層を想像することもできるので、この機能も使い方を工夫すれば使えそうですね!

関連キーワードの山からお宝キーワードを簡単に探す機能

検索して出てきた関連キーワードが多すぎて選びきれない。

そんなことも出てきます。

そんな時に使って欲しいのが「キーワードフィルタ」という機能。

以下の通りにやってみましょう!

 

【「キーワードフィルタ」をクリックしよう】

 

【すると、こんなウィンドウが開きます】

今回は、赤枠で示したウィンドウの中にある「平均検索ボリューム」だけを設定します。

 

【月間平均検索ボリュームが100以上の関連キーワードを検索したい場合】

まずは図のように100(調べたい検索ボリュームの数)を入力しましょう。

次に「次の値以上」を選択し、最後に保存を押しましょう!

これだけで「キーワード(関連性の高い順)」が平均検索ボリューム100以上のものだけ表示してくれるようになります。

 

【月間平均検索ボリュームが100以下の関連キーワードを検索したい場合】

 

【月間検索ボリュームの範囲を決めて検索したい場合】

図のように月間検索ボリュームを設定(今回は100〜300で設定しました)して保存をクリックしよう!

すると、下の図のように関連キーワードの月間平均検索ボリュームが100〜300の範囲内のキーワードが表示されます。

僕はこの機能を使って、月間平均検索ボリューム100〜300のキーワードの中で、3つ以上のキーワードで構成されたものを使ったりします。

その理由は、よりたくさんのキーワードが使われている関連キーワードで記事を書くことで、より具体的な記事に仕上げることができるのでオススメです!

分析にはコレ!サイトや記事を分析できる機能

あのサイトは、どんな検索キーワードを含んでいるんだろう。

あの記事にはどんな検索キーワードが使われているんだろう。

そんなハテナを一発で解決できるのが、「リンク先キーワード検索」です!

 

【まずはキーワードプランナーのホーム画面で「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」をクリックしよう】

 

【赤枠の中に調べたいサイト or 記事のURLをコピー&ペーストしよう】

今回はこの枠を使います。

自分が調べたいサイト or 記事のURLをコピー&ペーストして「候補を取得」をクリックしてみましょう!

すると、、そのサイトや記事に使われている関連キーワードの検索ボリュームを調べることができます。

 

【調べたいサイト・記事の関連キーワード検索ボリュームが丸見え!】

今回は「ブログ 稼ぐ」で検索した際に検索順位1位だった記事のURLを使いました。

この記事は「アフィリエイト」「ネットで稼ぐ」「お金を稼ぐ」というキーワードを含んでいることが分かります。

また、この機能は他のサイトだけじゃなく、自分のサイトにも活用できますので、自分が強いキーワードを知りたかった場合に活用するのも面白いですよ!

まとめ

どうでしたか?

キーワードプランナーって名前は聞いたことあったし、少しは使ったことあったけど、まだ細かく使えるところがあったな。

そんな風に感じていただけると嬉しいです。

せっかくのツールだし、どうせなら簡単に使えるところまで使いたいですよね!

ぜひキーワードプランナーを使い倒して、いい記事を量産していきましょう!