子供には多くの可能性を見せたい

子供には多くの可能性を持たせたい。

これに共感してくれる方はいませんか?

小さい頃から多くの可能性を見ることで、どれだけ積極的に生活することができるだろう。

どれだけ積極的に生きることができるだろう。

楽しく、そして真剣に自分の進む道を考えて1日1日を大切に過ごすことができます。

そうして夢を持ち、叶えるためにいち早く行動することができる。

そして、夢に早く近づく事ができてしまうんです。

可能性を拾ってみたい

可能性ってなんでしょうか。

可能性があること、それはやりたいことの選択肢があることなんです。

それでは、選択肢を増やすにはどうしたらいいでしょうか?

答えは、選択肢を見つけることです。

これはどういうことでしょうか?

それは、調べるための方法やツールを示し、それを使って自ら情報を取り、迷えるだけの選択肢をたくさん確保してしまうということです。

これがいかに重要なことかは次にお伝えしますよ!

小さい頃から選択肢を増やす

小さい頃からやりたいことの選択肢が増えると、そのことを他人に言いたくなります。

自分の夢を語り、そして、その夢に共感して協力してくれる人が時間をかければかけるほど増えていきます。

そして、夢に近づくための情報をいち早く知ることができます。

それと同時に、夢を語るうちに具体的に何をすればいいのか考えるようになってきます。

この過程でもっと現実的に実現できそうなものから行動して最終的に得たい結果を手に入れる過程をたどることができるようになります。

たとえ失敗に終わっても、早い段階で失敗を経験することができるので、これ以上にない経験と勉強ができるんです。

挫折こそ人に必要な時間の一つだと思いますから。

好奇心を高めるのはゲーム

子供にはあまりテレビを見せない。ゲームもさせない方がいい。

そういう風に思う方もかなりたくさんいます。

この常識はどうなんでしょうか?

実は、ゲームやネット、テレビを見ることも適度にすれば、好奇心を高めてくれるというデータが証明されているのです。

そして、それだけではありません!

好奇心を持つということは、やりたいことの選択肢を増やすためにとても重要なことなんです。

ここで導線ができます。

ゲーム、テレビ、ネットを通じて興味があるものを見つけることができる。

見つけたものをさらに検索することで深く知ることができる。

様々な情報があり、選択に迷う。

人に聞く。

そして、人に話す。

そしてまた自分で考える。

このサイクルがとっても成長する過程で大切なのが分かると思います。

それは、なりたい自分を見つけ、それを実現するために自分自身で考え、問題解決しようとするから。

何事もバランスは大切

とはいえ、テレビばかり、ネットばかり、ゲームばかりでは悪い影響を与えてしまいます。

バランスを自ら考えて、行動することが非認知能力を鍛えることにもつながります。

非認知能力はこれからの現代社会で生きるために最も必要な能力だと考えられているものです。

非認知能力ついてはまた違う記事で解説したいと思いますよ。お楽しみに!

最後に

今回は、子供が夢を見つけるために必要なことをお伝えしました!

やっぱり子供には可能性を持って欲しいですよね!

参考になってくれれば嬉しいです!