SEO爆上げ記事!キーワード選定でお役立ちブログ記事を作る方法

The following two tabs change content below.

アイデアプロデューサーRYO

人を喜ばせることが大好きなアイデアプロデューサーのRYOです! 突然ですが僕は問題解決が大好きです。 なぜかというと、僕は様々な苦手がたくさんあったからです。 苦手を得意にすること。これが楽しくて、他の人にもこの感覚を知って欲しいなと思い記事を書いています!

どうも!物書きマーケッターRYOです!

検索から記事を見てくれる人増やしたいよ〜!

そんな風に嘆いているあなた!

キーワード」について今一度考えてみましょう。

タイトル、小見出し、本文。

記事には、いたるところに「キーワード」が隠されています。

いろいろな人に検索してもらって、たくさん見てもらえる記事にするには、

記事に使う「キーワード」を見つける必要があり、「キーワード」を元に人の役に立つ記事をかく必要があります。

そこで今回は、キーワード選定から読者に役立つブログ記事を作る方法をご紹介します!

キーワード選定ってすごく大切!

キーワード選定は、SEOを考える上ですごく大切です。

キーワード選定をすることで、大きく以下の3つに影響します。

  • タイトル
  • 記事の方向性
  • 記事の具体性

これら3つは、SEO爆上げ記事を書く上でとても重要なものなんです。

それでは、キーワード選定がSEOに大きく影響する理由を説明しますね!

【キーワード選定がSEOにとても関係している理由】

Googleの収益の中で9割以上が広告収入です。

Googleの検索エンジンから検索してもらい、広告を見て何かを買ってもらうことでGoogleに広告費が入ります。

Googleは、検索エンジンを使う人(ユーザー)が満足してくれるように検索の精度を上げることが一番収益が上がる方法だと考えています。

このように考える理由として、、、

  1. Googleの検索エンジンが便利になれば、Googleの検索エンジンを使ってくれる人(ユーザー)が増える。
  2. Googleの検索結果に表示される広告がより多くの人の目に触れる。
  3. 広告をクリックしてくれる人が増える
  4. Googleの広告収益が増える

この1〜4の流れのように、Googleは検索の精度をあげて、ユーザーを満足させ、結果的にたくさんの広告費が入るような流れができると考えています。

知りたい情報があるユーザーは、Googleの検索エンジンを使って調べようとします。

例えば、腰痛を改善したい人は、「腰痛 改善」というキーワードで検索したりしますよね。

この場合は、腰痛持ちのユーザーが腰痛改善ができる方法はないか探しているのがわかります。

この人に腰痛が改善できる記事を提供できたら、ユーザーは喜んで読んでくれますよね!

欲しい人に欲しい情報を狙って届けることができる。

だから「キーワード」は大切なんです。

キーワードプランナーでキーワード選定!関連キーワードでSEO爆上げだ!

言わずと知れた「キーワードプランナー」

ブログを始めたばかりの人は知らないかもしれません。

まずは「キーワードプランナー」について説明していきましょう!

キーワードプランナーって?

「キーワードプランナー」はGoogleが提供しているキーワード検索ツールです。

「キーワード」がどれくらい検索されてるのかを調べられるツールなんです。

※キーワードプランナー知ってるわ!って方には以下の記事もおすすめ!

関連キーワードはSEO爆上げ記事を作る

関連キーワードは、例えば「腰痛」というキーワードがあったとして、「改善」というキーワードをたすと、「腰痛 改善」となり、腰痛を改善するための記事を調べることができます。

この「改善」というキーワードが「腰痛」の関連キーワードです。

「腰痛」だけだと、読者がほしい腰痛を改善するための記事を見つけることは難しいです。

そこで「腰痛 改善」と検索することで腰痛を治すための記事を見つけることができるようになります。

このように関連キーワード(今回で言うと、「改善」というワードを追加しました)が増えれば増えるほど欲しい情報が具体的になってきます。

つまり裏を返せば、ブログ記事を書く場合には、なるべく多くの関連キーワードを探して、そのキーワードを元にブログ記事を書きましょう!

そうすることで、読む人が本当に欲しい記事に近づけることができます。

関連キーワードツールを使え!関連キーワードでSEO爆上げだ!

関連キーワードツールとは、検索したキーワードの関連キーワードをずらっと出してくれるツールなんです。

見た方が早いので以下を見てみましょう!

【関連キーワードツールの画面はこんなの】

関連キーワードツールの画面はこんな感じです。

【関連キーワードを調べてみよう】

赤枠で囲った場所に調べたいキーワードを入力して「取得開始」をクリック

今回は、「腰痛」というキーワードを検索してみます。

すると、、、

【関連キーワードがずらりと並びます】

赤枠で囲った箇所が検索された関連キーワードです。

スクロールすればこの下にもずらっと関連キーワードが並んでいます。

このツールでもワンタッチで関連キーワードを探すことができます。

実はこのツール、キーワードプランナーを使うだけでは表示されないキーワードも発見できるんです。

月間検索ボリュームでみれば月間で10くらいのキーワードかもしれませんが、これから検索が増えてくるキーワードの可能性もあるため、バカにできません。

さらにそういった小さなキーワードを地道に狙ってPVを稼ぐこともできるので、考え方によってはお宝キーワードを見つけることができるツールとも言えます。

ツールのコラボで効果的に関連キーワードを選ぶ方法

今回、キーワードプランナーと関連キーワードツールの2つを紹介しました。

この2つをコラボさせて使うと効果的に関連キーワードを選ぶことができるので、これもお伝えしていきたいと思います!

【まず関連キーワードツールで関連キーワードを取得します】

今回も同じように、「腰痛」のキーワードで取得開始をクリックします

すると、、、

【関連キーワードの表示】

赤枠に関連キーワードずらっと並んでいます。

【次にこの赤枠に注目してください】

この赤枠で囲まれたところは、表示された関連キーワードがまとめてコピーできるように置いてある場所です。

この枠内にあるキーワードを全て選択してコピーしてください。

【次にキーワードプランナーを開いてください】

この赤枠で囲まれた「検索ボリュームと傾向を取得」をクリックしよう

すると、、

【キーワード入力画面が表示されます】

この赤枠の中に、先ほどコピーした関連キーワードを貼り付けよう

【貼り付けるとこんな感じになります】

上記のようにコピー&ペーストができたら、「検索ボリュームを取得」をクリックしよう

【関連キーワードツールで調べたキーワードの検索ボリュームを知ることができます】

キーワードプランナーだけでは調べることができないキーワードの検索ボリュームも調べることができるので、もしかしたらお宝キーワードを見つけることができるかもしれません。

とにかくブログ始めたてのころは、記事の具体性がないふわふわした記事を書きがちです。

そんなときに、この「キーワードプランナー」と「関連キーワードツール」のコラボで、よりたくさんの関連キーワードを知り、記事作成に盛り込むことで具体性が出てきます。

つまり、「腰痛」だけのキーワードではなく、「腰痛 改善」のキーワードで記事を書いたほうがより具体的な記事が書けるということですね!

選んだキーワードで検索意図を知る方法

ここまでで、せっかく関連キーワードを選んだので、あともう一工夫しちゃいましょう!

その関連キーワードで検索する人がどんな悩みや問題を抱えているか考えるためのヒントを調べてみましょう。

そこで使うのが「Yahoo!知恵袋」です。

さっそく使い方を見てみましょう!

【Yahoo!知恵袋で検索をする】

赤枠で囲まれたところに、選んだ「関連キーワード」を入力して検索をクリックしよう

【検索の結果がこれです】

この赤枠で示した投稿は、受験勉強で腰痛になった方向けに記事を書く際に非常に参考にある投稿だと思います。

【この投稿者は、受験終わりの腰痛改善はストレッチで治したいと思っている】

今回のこの投稿を見ておけば、腰痛改善のためのストレッチ法を紹介する記事を書くことができます。

少なくともこの投稿者は腰痛改善のためにストレッチで治したいと考えているはず。

その情報と関連キーワードを参考に記事の方向性を決めて記事を書けば、SEO爆上げ記事が書けるようになってくるはずです。

まとめ

どうでしたか?

今回はキーワード選定から記事を書く際に気をつけるタイトルや記事の方向性、記事の具体性を高める方法をご紹介してみました。

結局のところ、読者に役に立つ記事を作ることが一番大切なこと。

今回ご紹介したように、読者のことを思いやるためにキーワード選定を丁寧に行えば、たくさんの人に役立つ記事が書けるようになってくるはずなんです。

ぜひ読む人の気持ちを考えながら、キーワード選定を行って欲しいと思います。

参考になればとっても嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

人を喜ばせることが大好きなアイデアプロデューサーのRYOです! 突然ですが僕は問題解決が大好きです。 なぜかというと、僕は様々な苦手がたくさんあったからです。 苦手を得意にすること。これが楽しくて、他の人にもこの感覚を知って欲しいなと思い記事を書いています!