想像力と創造力を鍛える子供は強い!将来の夢をいくつも思いつく

The following two tabs change content below.

アイデアプロデューサーRYO

人を喜ばせることが大好きなアイデアプロデューサーのRYOです! 突然ですが僕は問題解決が大好きです。 なぜかというと、僕は様々な苦手がたくさんあったからです。 苦手を得意にすること。これが楽しくて、他の人にもこの感覚を知って欲しいなと思い記事を書いています!

想像力と創造力の違い

想像力と創造力。

同じ読み方だけど、それぞれ意味が違うんです。

想像力は、頭で考えイメージする力のこと。

創造力は、そのイメージしたものを実際に形にする力のこと。

想像力を活かして、創造する。

この力がつくとワクワクが止まりません。

だって、思い描いたものが形になるんですから。

常識ってなんだろうと考えてみる

想像力や創造力にブレーキをかけるもの、それが常識です。

「〇〇はこういうものだ!」とか「〇〇は〜にしか使えない!」といったような今までの当たり前をそのまま当てはめて生活をしていたら新しいものなんか生まれません。

常識を持つことはいいコトだけど、そこから外れることに臆病になっていたら個性なんか無くなっちゃうよね?

最低限守るべきルールは大切に、常識を重んじながら少し視点を変えて変な角度から世の中を覗いてみても面白いかも?

今まで普通だったものを疑ってみてください。

きっと今までに見たコトのない景色が見えてくるはずです。

思いっきり楽しむことが想像力・創造力を鍛えてくれる

楽しいときって鍛えている感覚はないですよね。

でも、実は想像力と創造力が鍛えられているんです。

子供は特に自由に遊んで楽しめば楽しむほど好奇心が旺盛になります。

これがとても想像力・創造力を鍛えるのにいいんですよね。

なぜかというと、いろいろなものを見て、触って確かめるということが、考える引き出しを増やすきっかけになってくれるからです。

子供の頃から、外へ外へと興味を持っていれば、自然と将来の夢を見つけるきっかけになってくれる。

こうして、夢に向かって進むためのスタートラインを大幅に早めるコトができるのではないでしょうか?

経験をすることが想像力と創造力を鍛えてくれる

先ほど引き出しを増やしてくれるきっかけがいろんなものを見て、触って確かめるコトだといいました。

さらには、その時に思ったコト、ポジティブな印象、ネガティブな印象、人それぞれあるかと思いますが、そういった経験から好き嫌いを学びます。

好き嫌いというのは感性、センスです。

良いものはいい。嫌なものは嫌と言えるようになれば、自分の意見をはっきり持つようになります。

このような感性、センスを鍛えることで、何かを作り上げる時にすごい行動力を発揮することができるようになります。

夢を語ることが想像力・創造力を成長させる

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

人を喜ばせることが大好きなアイデアプロデューサーのRYOです! 突然ですが僕は問題解決が大好きです。 なぜかというと、僕は様々な苦手がたくさんあったからです。 苦手を得意にすること。これが楽しくて、他の人にもこの感覚を知って欲しいなと思い記事を書いています!