やる気を出す方法は不要!超継続するコツを5つ知るだけで効果絶大

どうも!アイデアプロデューサーのRYOです!

「やる気出ない」
「やる気を出す方法が分からない」

そんな悩みを抱えてはいませんか?

やる気はいろいろなことを達成するのに重要になってくる要素の一つです。

今回は、やる気を出すことより大切な「やる気を継続するコツ」を厳選して5つお届けしていきます。

これであなたもやる気を継続できる。

やる気は工夫しないと持続しない

 

やる気って持続しない。
勉強をやるときも仕事をやるときも。

やる気を出すことが大切なんじゃない。
「持続できるか」
これがもっとも大切。

そりゃ一瞬だけならやる気が出ることなんていくらでもある。
でも、一瞬でても意味がない。
そんな話をしたいと思って書いてます。

やる気出た!っていうけど多分やる気出てないよそれ

「うわ、やる気出てきた!」ってときがある。
でもね、多分頭でやる気出てきたなって認識してるときはやる気出てない。

こりゃもう僕が経験ありまくりだから。

なんでやる気出てないかっていうと、、それはね、やる気出てるときは集中してるときだからだよ。

継続するスキルは最強

さっきの話は「やる気出た!」って認識してるときはやる気出てないよって話でした。

そしてやる気は出すのも継続するのも自然にはできない。

それができていればみんな苦労していないし、生産性が上がって仕事で残業するような人は減る。

でも実際はそうなってないところを知ると、継続のコツを知り、活用できればそれだけですごいスキルだと言えそうですね!

それでは継続する5つのコツとはどんなものなんでしょう?

ということで一つ一つお届けしていきます!

やりたくなる環境を整えてやる気を持続

やりたくないことはなかなか習慣化されないのが現実。

そんなときは先行条件を整えるといいんです。

いや、「先行条件」ってよくわからんですよね。

つまり「自分がやりたくなる環境を整えること」

これが大切。

例えば、あなたが会社で日報の記入を必ずやるように指示されているとします。

でも、毎日の業務にめんどうな作業が加わったと、週末にまとめて日報を書き上げていたとします。

それでは日報の意味がありませんし、記憶があいまいなので適当に済ませてしまいます。

本当だったら、毎日書かないといけないもの。

だけどめんどくさい。

こんなときに「やりたくなる環境を整えてあげること」がとても重要なんです。

例えばこんなこと。

  • 日報用に高いペンを用意して日報のときだけ使用する
  • 日報を書き始める時間を20時からと決めておく

日報用に特別なペンを用意すると使いたくて日報が待ち遠しい感じになります。

理由は単純で、ペンを使いたいからです。

そして、決まった時間に日報書き始めることで習慣化を促すんです。

これが「先行条件を整える」ということ。
「やりたくなる環境を整える」ということなんです。

その日暮らしなタスクの終え方をやめてやる気を燃やす

よくTO DOリストを使っている人は多いと思います。

今日やることをリスト化して、日々そのタスクをこなすんです。

やる気が起こらない人はこのタスクの立て方が苦手なんです。

やる気を起こし、持続させるには、きちんと順序を踏む必要があります。

まずは、最終目標を決めます。

最終目標と言っても人生の目標みたいなめちゃくちゃ大きいものだとイメージできないので、1ヶ月くらいのスパンで達成したいものを設定しましょう!

それから1週間の目標、それから3日間の目標という風に小さな目標に落とし込んでいきます。

その一番小さい3日間の目標を達成するためにPDCAサイクル(目的を達成するために計画し、行動し、改善していくサイクル)を回して達成していくわけです。
※PDCAサイクルに関してはまた違う記事で書きたいと思います。

ここまで読んでいる方は思ったと思います。それはそうと、やる気を継続させるコツって?と。

実は「目標を立てて、その目標にきちんと向かっている」という感覚を実感することが大切なんです。

小さい目標まで落とし込み、その期限までに目標を達成できたにしろ、できないにしろ、前に進んでいるという実感をするために「目標をどうやったら達成できるのか」を考えながら改善していく仕組みを作ることが大切なんです。

自分がやる気が出た時の条件を過去から知る

さて、過去を振り返ることもときには大切。

特に過去に自分がやる気が出たときを知ることはすごく大切です。

なぜ知るといいのか?

やる気の条件を知れば、その条件を整えるだけでやる気が出てくるからです。

これは単にやる気を出すだけでなく、継続する意味でも大きな力を発揮します。

やる気の条件は人それぞれ違うので、一概に「これをしたらやる気が出る」とかそんな話ができません。

だからこそ、こういった方法論を述べてる本は少ないですが、騙されたと思って探ってみてください。

きっと今までダメだった方法論よりも効果があるはずです。

やる気を邪魔する条件を過去から知る

これもさっきと同じ理論です。

やる気が下がるときの条件を知ると、やる気の継続にむちゃくちゃ貢献してくれます。

勉強のやる気を継続したい場合に僕がやる気の下がる条件がこんな感じでした。
パソコンをみたらyoutube見たくなる
まんがの本棚を見たらまんが見たくなる
テレビを見たら溜まってる録画をみたくなる
などなど。

これをやる気が出る条件と併用して勉強のやる気を無理なく継続させてました。

ある程度続けてくると勉強が習慣化されてくるので好循環になります。

やる気を出すハードルがどんどん下がってくるので、目標の行動(勉強をする)に条件をしっかり整えなくても向かうようになります。

そうなったら勝ちです。

何にどれくらい時間がかかっているかを知る

目標を立てて「今日もできなかった」と自己嫌悪に陥るパターンを経験したことがある方はいませんか?

おそらく誰でもあると思います。

正直、目標は達成しないこともあります。でも自己嫌悪に陥るということは何回も達成してないからですよね?

その原因は時間が足りなかったといったことも大いに考えられるんですが、そもそも「自分が何にどのくらい時間を割いているか」知らないことが多かったりします。

「意外とこんな無駄なことに時間を費やしてたんや」といろんな発見があるはず。

そして、実は「時間を見える化」すればやる気を継続する原動力になります。

例えばこんな風に、、

「勉強時間が1日4時間やったんや。それとは別にテレビを5時間も見てるやないか。3時間に削ったらもっと勉強時間増えるな。」

これに加えて、立てた目標をどのくらいの時間で達成できるかを計測してグラフ化してみると自分の行動を把握できると同時に達成感が味わえてやる気の継続につながります。

そして、何より目標を決めて時間計測してグラフ化することは「どれくらい時間を削れるか」というチャレンジを視覚化してくれます。

「どれくらい達成できたんだろう」
「こんなに時間を削れた!余った時間で何をしよう」

こんなことを考えてニヤニヤできます。

やる気を継続することも、楽しくやっていかなければ続きませんよね!

時間を計測し、グラフ化するツールとして「toggl」がオススメ!

togglの活用術についてはまた別の記事で紹介しますので、少々お待ちを!

まとめ

さあどうでしたか?

やる気が出ない。そして何より継続できない。

そんな悩みも理論的に解決できると知れれば、何もこわくありません。

ということでお読みいただきありがとうございました!

他にもこんな記事を書いてます。

挫折を乗り越える6つのコツを知れば人生経験めっちゃ豊富になるよ

人見知りの男が恋愛でうまくいかない理由は5つの意外な勘違い


もし興味があればササっと読んで参考に!