やる気は出すものではなく、出るもの

やる気がおきないなぁ、、そんな日は誰しもありますよね。

僕にももちろんあります。

そんな時に、やる気がなくだらだらとしている自分に嫌気がさしている。

そんな人がいたら、そんな事思わないで。

やる気って出るものなんです。

多分気づいていないだけで、ずっとやる気が出ないわけではないはず。

思い出してみて?

あなたは、ずっと寝てばかりでしたか?

じっと動かない1日はありますか?

ないはずです。

何かしら行動して生活しているんです。

やる気が出ないのは誰しもそうできているから

やる気が出ないようにできている。

これは人間にインプットされちゃっていることなんです。

人は、何もしていない楽な状態を維持しようとします。

この維持するということが、やる気が出ないということなんです。

これは自分で自分のことを守ってくれている機能の一つなんです。

そうだと知れれば、なんだかありがたいような迷惑なような感じかもしれませんね。

守ってくれてありがとうよと思いながら少しだけ休んでみるといいですよ!

やる気が出ない原因は潜在意識が関係している

潜在意識ってなんだろう。

これは、自分で自分を守ってくれる機能のことです。

これが、実はやる気とすごく関係しているのです。

潜在意識は、物事の良し悪しが区別できません。

良くも悪くも現状維持をしてしまう機能なんです。

これを知っておけば、自分だけなんじゃないと少し心が楽になりますね。

とは言っても、やる気が出ないままでは困りますよね。

そんな時に役に立つ、やる気を出すための方法をご紹介したいと思います。

手軽にできるやる気を出す方法

よく作業興奮なんて言葉があります。

やる気がなくても作業していればその内ノッてきて、やる気が徐々に出てくるというのが作業興奮です。

でもこれって少し矛盾してませんか?

やる気がないのに動け!ってことなんですよ?

こりゃあきらかにおかしい!と僕は思うんです。

動きたくない気分なのに動けというのは難しい。

それなら工夫が必要ですよね!

あなたがやる気の出ない仕事ってどんな場所で行うものですか?

トイレですか?

お風呂ですか?

机の上ですか?

それともカフェですか?

もし、いつも仕事を行う場所があるならそこに行ってください。

そしてやる気が出ない作業のごくごく一部だけをやってください。

やる気がなくてもできるような作業です。

そのようなやる気がなくてもできる頭を使わない作業を日頃から用意しておいてください。

やる気がなくなった時にその時の気分でもできるものを選べるような環境を整えておきましょう!

自分を変えるのではなく、環境から、周りから変えて、やる気スイッチをたくさん増やしておくと便利なんです。

意外とやってる人がいないのでやってみてください!

最後に

今回はやる気が出ない理由と出すための方法の1つを紹介しました!

一工夫で大きくやる気が変わってくることを実感した方法なので、もし自分に合いそうならやってみてくださいね!